麦秋到来

麦の穂が金色に染まる5月下旬から6月初旬のまさに今頃を「麦秋(ばくしゅう)」といいます。JA兵庫みらい管内の麦も刈り頃を迎え、収穫の秋、麦秋到来といったところです。
ちなみに麦にまつわる季節の言葉は他にもあり、麦が熟れるこの時期に降る雨を「麦雨(ばくう)」。収穫の頃に吹くさわやかな風を「麦嵐(むぎあらし)」というそうです。
写真は刈取り適期を診るため、生産者と小麦の水分測定をしているところです。少し日差しが厳しかったですが、気持ちの良い麦嵐が吹くなかの測定会となりました。

08:42 この記事のURL 営農日記

スマート農業に期待♪

11月27日、28日の2日間に渡り、『ICT農業展示実演会』が三木市の「かじやの里メッセみき」にて開催されました。今回はJAグループ兵庫とクボタがコラボし、多種多様な農業機械をテーマに分けて展示・実演し、最新の情報を発信するというコンセプトで、管内の担い手の皆さまも興味深く聞き入られていました。ドローンやトラクタの自動運転、アシストスーツの普及など、農業ICTには労働力不足解消が期待されます。
※ICTとは「情報通信技術」のことで、ロボット技術やICTを活用し超省力・高品質生産を実現する新たな農業「スマート農業」の普及に欠かせない技術です。

16:16 この記事のURL 営農日記

「秋の大売り出し2019」!!

JA兵庫みらい「秋の大売り出し2019」の第一弾が11月9日(土)、10日(日)の二日間、加西営農生活センターで開催されました。天候にも恵まれ、旬の玉ねぎ苗や秋冬野菜用の肥料を買い求める来店者で賑わいました。大売り出しでは、野菜苗や肥料、生産資材などを豊富に取りそろえています。小野地区、三木地区も下記の日程で開催致しますので、皆さまのご来場をお待ちしています!

小野営農生活センター
〇と き/11月15日(金) 9:00~15:00
16日(土) 9:00~14:00
〇ところ/小野営農生活センターおよびグリーンおの

三木営農生活センター
〇と き/12月 5日(木) 10:00~16:00
6日(金) 10:00~15:00

〇ところ/グリーン三木

13:43 この記事のURL 営農日記

「発生予察」で見守ります!

水稲栽培では、様々な種類の病気や害虫が発生し、生育や収量・品質に大きな影響を及ぼします。これらの病害虫が、いつ・どこで・どの程度発生するのかを予測することを「発生予察」といいます。各地域において、関係機関(普及センター、NOSAI、JA)と共に発生予察の調査を定期的に行っています。
小さい虫たちの種類分類や、頭数確認にはルーペやピンセットを使い、目をまばたきさせながら行います。被害の発生を未然に防ぎ、病害虫の発生動向を捉えた効率的な防除の実施に繋がるよう、今後も調査を続けていきます。IMG_0529 IMG_0531 IMG_0522

08:49 この記事のURL 営農日記

三木みらい営農組織協議がグループ意見交換会を開催 

三木みらい営農組織協議会では6月29日、グループ意見交換会を開催しました。
平成29年に発足した同協議会は三木地区32の営農組織が「地域を守る」という理念を基に、研修会の開催等を行い、集落営農組織の育成強化を図っています。
この度のグループ意見交換会は新たな試みで、協議会メンバーの他営農組合ではどんな事をしているのか、また組織の役員さん達は課題に対してどの様に対応しているのか、まずはお互いの事を話し合える場が必要だという事で開催されました。
会場では、各組織の代表者がそれぞれの概要と現状、今後の課題などを発表し情報を共有しました。その後5つのグループに分かれ、さらに踏み込んだ形で互いに意見を交換し、事例等を発表しました。
参加した会員からは「今日は来て良かった!自分の営農組合でも実践できる様な取り組みはさっそく検討したい。」「非常に有意義に感じた会となった。課題にあった情報を持ち帰り、今後の活動に活かしたい。」という声が聞けました。IMG_0512① IMG_0514②

09:20 この記事のURL 営農日記
1 / 191234510...最後 »